フェイスブックとTPP

日本でのユーザー数が5%とも10%とも言われている

フェイスブック。

私も、今年2月に公開された創業者のバイオグラフィー映画を観て

面白いと思い、さっそく登録してみました。

 

Facebookの面白さはいろいろありますが、

その威力をいちばん痛感したのは、

卒業以来音信不通だった高校の同級生たちと

Web上で再会できたことでしょう。

先日は、フェイスブック参加者以外も交えたオフ会が開かれ、

旧交を温めることができました。

 

それ以外にも、フェイスブックがきっかけで

かつての仕事仲間や旧友たちと飲みに行ったということが

数回あります。

逆にいえば、フェイスブックがなければ、

これらの飲み会は開かれなかったわけです。

おそらく日本中、あるいは世界中で

同じようなことが起きているはずで、

そう考えると、人と人が交流すれば経済は活性化するという

事例を地で行く見本のようなものではないでしょうか。

 

さて、いま世間を騒がせているTPP。

上の例でいくと、ヒト、モノ、カネの交流が進むことで

トータルでみれば活性化することは間違いありません。

 

ただ、個別に見ると、業種ごとの有利不利、

あるいは国ごとの有利不利は出てきてしまうわけで、

それが原因でいろんな軋轢が生まれています。

 

誰もがハッピーになれるフェイスブックと違って、

そこが難しいところですね。